ACN大鬼谷オートキャンプ場  2000.9.23〜24


ACN大鬼谷オートキャンプ場HP 

前からずっと行きたくて行きたくて、色々調べたキャンプ場でした。インターネットで検索してると『MORInoMORI』というページを見つけました。なんとこの大鬼谷の主ともいう感じのモリトさん一家のページでした。10連泊の記事をみて、 「よし!今回はここに決定だ!」と家族の同意も得ず予約してしまいました。予約ではサイトの指定は基本的にできないんだけど、「できれば川の近くで林間サイトを・・・」と言うと案の定「申し訳ありません。サイトの指定はできません」と丁重に断られました。でもなんとか予約OK!サイトは行ってみてのお楽しみ。
 会社の後輩2人と午後1時に現地で会うことにして、当日は午前10時に出発しました。経費節約のため、今回は一切高速道路を使わず、ひたすら近道と思われる山道を走りました。娘は
うまれて初めて車酔いするし、今にも雨が降りそうで家族全員からブーイング。「良いキャンプ場だから!」となだめながら、何とか予定より30分程遅れて到着しました。ちょうど後輩2人も3分遅れで到着。受付するととっても穏やかな感じの管理人さんから「川辺のいいサイトですよ」とサイト札を渡されました。なぁ〜んだ。ちゃんと要望を聞いてくれてたんだ!
サイトにつくと、どこかで見た風景。「ここは『MORI no 森』のモリトさんFamilyが10連泊したサイトにそっくりだし、雑誌にも載ってたとこだ。きっと良いサイトだよ」って盛り上がりました。大きな栗の木の下で周りにはいっぱい栗が落ちていました。子供たちは設営を手伝うよりも栗拾いに夢中!「子供らも栗拾いは初めてだし、まぁ車酔いも直ったみたいだし、うん!よしよし!」ってことで無事設営完了。自然の中という実感があって、すぐ横に流れている川はとってもきれいだし、栗は落ちてるし、炊事場もトイレもきれいだし、露天風呂もあるし、・・・来て良かった〜!整備されているのに、人工的じゃなくて落ち着けて、場内が割とフラットな地形で疲れないキャンプ場です。モリトさんの気持ちも分かるよな〜。
少し遅い昼食をすませて場内をざっと見て廻りました。大きく分けてサイトは4つのゾーンに分かれています。我家が陣取った林間サイト、その林間サイトと場内の中央を走る道路を挟んで向かいのロッジや遊具もある芝生サイト、1番奥にあって芝生のサイトの中心を砂利道が蛇行する静かな雰囲気のシラカバサイト、それから1番新しい2000年7月増設で個別の流し台付のサイトもある新サイト(サイト名がわかりませんでした)。なんと計100サイトだそうです。それぞれのサイトは決して狭いわけではないし、個性的でどこのサイトでも満足できそうでした。
春は桜がきれいそうで、夏は涼しくって川遊びが気持ちよさそうです。秋は栗がいっぱい採れて、ついでに冬の雪景色の中もいいかなって思えてしまうよ!
 そうこうしてる間に近くのサイトに見覚えのある一家を発見!大鬼谷の主 モリトFamilyではありませんか。 というのもモリトさんのホームページをプリントアウトして受付の際に出すと、もれなくプレゼントがあるというのでもちろん我家も使わせてもらって、ステッカーをGetしました。お礼にぶどうをもって少しだけお邪魔しました。さすがにすばらしい装備のFamilyで羨ましい限りでした。とても人なつっこい雰囲気のモリトさんで、できたらもう少し色々話せたら良かったけれど、また大鬼谷に行けばお会いできるでしょう!
川におりてみたり、栗を拾ったり、ボール遊びしたりしているうちにいよいよ今回初お目見えのダッチオーブンです。我家の姫達は食材の準備に、若い衆と長男は火起こしに、そして私はダッチの準備と慌しくなりました。メインデッシュはチキンのトマトソース煮。結果から言うと、初めてのダッチの割にはおいしいのができました。噂通り肉がとってもやわらかく仕上がって、雰囲気も手伝ってハマリそうです。火加減が分からなかったけど、これから徐々にレパートリ−を増やそうかな。食事の後子供達には早く寝てもらって、ランタンの火を絞って大人の時間です。お酒のせいもあったかもしれないけど、この時期としてはトレーナー程度の服装でも寒くなくて快適でした。
ずっと曇ってる感じの天気だったのが、ふと気づくと空には満天の星空。お酒も進み、ゆっくりと大鬼谷の夜はふけていきました。
 翌朝私はいつものように1人だけ早起きして、紅茶を静かに沸かして明るくなるのを待ちました。どうしてキャンプに来ると早く目が覚めるんでしょうか?まるで子供の時の遠足みたいで、自分でも笑っちゃいます。廻りがゆっくり明るくなってきて、散歩に出かけました。キャンプ場の奥に少し登っていくと2つの滝があります。確か雄滝と雌滝という名前だったと思います。どちらだったかは忘れてしまったけど、看板に『昔この滝の滝壷から1つの鏡が見つかりました。その鏡には漢字が書かれていて、今は近くの神社に奉られています。」だって。ひとりで「神秘的じゃ〜」と感心していました。

昨日拾った栗をダッジに入れて残り火に掛けてたんだけど、あけてみると真っ黒!やっぱり手抜きするとうまくいきませんね。教訓!教訓!でも食べてみると結構いけてました。朝食後はお楽しみの露天風呂にいきました。昨晩は時間が遅くなって入れなかったので、朝から待ち構えてました。キャンパーの料金は大人300円・子供200円で朝10時〜夜8時まで入れます(平日は問い合わせ必要)。受付で料金を払って入ると、とてもキャンプ場とは思えないほどきれいで立派な露天風呂です。活性石温泉とのことで、割とサラッとした湯質の気持ち良いお風呂でした。脱衣場にはうれしいことにドライヤーもあって、子供の頭を乾かすことができて助かりました。出るとき受付で管理人さんにチェックアウトの時間を確認したところ、「今日は日曜日で後の予約は入ってないから、ゆっくりして良いですよ!」との事。本来は12時チェックアウトのところ15時ごろまでゆっくりできました。子供達が野球したり、川で遊んだりしている間に、時間を気にせず、テントとシュラフをしっかり乾燥させて、撤収することができました。このあたりが個人で経営されてるキャンプ場の融通の効いた良いところですよね。(いつもこうはいかないでしょうけど・・・)「ここは絶対にまた来ようね!よかったね!」と盛り上がりました。今まで行ったキャンプ場の中でMy Ranking No,1でした。


お風呂の写真を撮り忘れたので、雑誌の写真です。雑誌なんかに載ってる写真と実際行ってみたときの落差に愕然とすることが時々あるけど、まったくこの写真のまんまでした。


こちらは我家が利用したサイトです。(林間サイトNo.50)
住所 予約 区画サイズ 営業期間
広島県比婆郡高野町大字南257 筍娃牽横苅牽供檻横械横
利用日の6ヶ月前の1日
から受付
オートサイト8×8m
10×10m
通年
利用料金 施設 レンタル 利用時間
オートサイト 3,500円(繁忙期4,000円)
AC電源付+1000円
他にトレーラーハウス、バンガロー有り
デイキャンプ1人300円(10時〜16時)
管理棟、売店(8〜20時)
炊事棟(温水器付)、水洗トイレ
身障者用トイレ、温水シャワー
露天風呂、ランドリー、
テニスコート、自販機
テント5,000円、タープ
1,000円、炊事用具100円
ランタン1,000円(ガス別)
テーブル1,000円、イス300円
毛布300円、BBQ1台500円
MTB300円/h
チェックIN
 13〜19時

チェックOUT
 8〜12時

←前のキャンプへ          次のキャンプへ→